現在位置 ホーム 共用品とは わかりやすいパッケージ
本文ここから

わかりやすいパッケージ

ポイント1:開けやすい

  • つまみの部分が大きいので開けやすい。
    図1:つまみの大きなレトルト食品
  • 大きいプルタブなので開けやすい。
    図2:プルタブの大きな缶詰
  • 片手で開けられる。
    図3:ボタンを押すだけで開くウェットティッシュの箱
  • 直線に切れる。
    図4:切り口のついたパック
  • 識別しやすく、開封しやすい。
    図5:シャンプー詰め替え袋などの切り口

ポイント2:触ってわかる(触覚記号)

  • 缶ビールや缶入りのお酒には点字がついています。
    図6:点字のついたビール缶
  • 種類が識別できるように点字がついています。
    図7:点字の併記された表示
  • 箱の中身が分かるように点字がついています。
    図8:点字による中身の説明
  • 牛乳パックには切り欠きがついています。
    図9:牛乳パックの切り欠き
  • ラップフィルムにはWマークがついています。
    図10:エンボスによる区別

視覚に障害のある人にとってはパッケージに触ってわかるエンボスや切り欠き、点字があると中身を識別できるようになります。


本文ここまで
関連項目ここから 関連項目ここまで
障害のある人、高齢者、子どもなど、より多くの人が住みやすい社会を創ります。
文字の大きさを変更できます