現在位置 ホーム 調査報告・標準化 共用品市場規模調査
本文をスキップしてメニューへジャンプ 本文ここから

共用品市場規模調査

(2018年度実施調査)

調査対象とした各品目の合計値にみる、2018年度実施した共用品市場規模金額は、2兆9,744億円と推計され、前年比で1.0%(284億円)増となった。
上位品目の動向を確認すると、まず全体金額の1/3以上を占める「家庭電化機器(10,242億円:+1.0%、174億円増)」は、前回に続き金額を伸ばし、1兆円台を維持した。冷蔵庫、洗濯機等が、引き続き大容量製品を中心に需要が伸び、ルームエアコンと合わせて主要3品目が前年度から出荷額を伸ばした。その他の品目も、掃除機でキャニスター型が減少し前年度比マイナスとなる等も例も一部あったが、概ね堅調に推移した。

市場規模報告書は以下からダウンロードできます


本文ここまで
関連項目ここから 関連項目ここまで
文字の大きさを変更できます