『ゆうこさんのルーペ』発行!

絵本『ゆうこさんのルーペ』が発行になりました。
共用品推進機構 個人会員の芳賀優子さんの体験を絵本にしました。障害とは何かをみじかに考える絵本です。
共用品推進機構 専務理事 星川安之も編集に協力しました。

著者:多屋光孫 文・絵、はが ゆうこ 原案、ふじい かつのり 監
出版年月日:2020/11/30
ISBN:9784772614405
判型・ページ数:B5変・48ページ
定価:本体1,800円+税

ゆうこさんは、生まれたときから目がよくみえません。
大好きな本を読むのときは、いつも「ルーペ」をつかいます。
みなさんは、「ルーペ」で本を読む人に出会ったらどうしますか?
「それなんですか?」と聞けますか?
「そんなことを聞くなんて迷惑かもしれない」と思いますか?
ゆうこさんは、男の子にルーペのことを聞かれて、とってもうれしくなりました。
それはなぜでしょう?
実話をもとにした、障がいとは何か、をみじかに考える絵本です。
多様な存在をおたがいに認め合える社会へ。

『障害者とともに働く』発行

共用品推進機構 星川安之が、日本障害者協議会(JD)代表の藤井克徳氏と共著で、新刊が明日(10/20)発行されます。
◇書籍名:障害者とともに働く
◇著者:藤井克徳・星川安之
◇発行:岩波ジュニア新書
◇本体価格:820円
<紹介>「働く」って何だろう?「仕事」をするのは何のため? 障害のある人の労働の実態について解説し、障害者が働くさまざまな企業の事例を紹介します。テレワークの広がりやICTの導入など、人々の働き方が大きく転換する中で、だれもが希望をもって働ける社会のあり方を考えます。

令和元年度産業標準化功労者表彰を受賞

 令和元年度産業標準化事業表彰の受賞者が決まりました。その中で、共用品推進機構 金丸淳子が「産業標準化功労者表彰」を受賞し、表彰式に出席いたしました。
日時:2019年10月8日 (火)11時~12時30分
場所:都市センターホテル 3階コスモスホール

 これまで、標準化に携わる方々、関係者の皆様をはじめ、標準化を支えてくださる障害当事者の方々のお陰で金丸がこの賞をいただくことができましたこと、事務局より心からお礼申し上げます。
 この「功労者表彰」は、今後の活躍も期待される人に贈られる表彰とのことですので、本人にもますます頑張ってもらおうと思っています。
*受賞に関する詳細は、経済産業省のウェブサイトでご覧いただけます。 https://www.meti.go.jp/press/2019/10/20191007001/20191007001.html