現在位置 ホーム 広報活動 出版物[市販書籍]
本文ここから

出版物[市販書籍]

書籍表紙画像

障害者白書 平成25年版

2013年8月
障害者白書は、障害者基本法に基づき、平成6年から毎年政府が国会に提出している年次報告書であり、障害者のために講じた施策の概況について明らかにしているものです
第1編では、「障害者の状況等(基礎的調査等より)」として、障害者に関する各種統計資料等を掲載しており、発達障害の可能性のある児童生徒に関する調査、障害者に関する世論調査などを紹介しております。
第2編では、「全般的推進状況(平成24年度を中心とした障害者施策の取組)」として、第1章では我が国の障害者施策の総合的推進を図ることが示された昭和45年(1970年)の「心身障害者対策基本法」成立から、昭和56年(1981年)の国際障害者年、昭和57年以降3回にわたる長期計画、その間成立した障害者関係の法律、さらに最近の動き(平成25年6月に成立した障害者差別解消法に係る経緯等)などを掲載しています。
第2章以降では、障害者基本計画(平成14年12月24日閣議決定)に定める8つの分野(白書では、「啓発・広報」、「国際協力」、「教育・育成」、「雇用・就業」、「生活支援」、「保健・医療」、「生活環境」、「情報・コミュニケーション」の順に記述しています。)ごとに、最近の施策の動向を中心に記述しています。施策の概要をまとめた図表もできるだけ掲載しています。
この他、コラムにおいて、国連の障害者権利委員会委員長であるマッカラム氏をお招きして、我が国の障害者政策委員会の石川委員長及び同委員会の差別禁止部会の棟居部会長(当時)を交えてのパネルディスカッション(平成24年12月7日、内閣府主催)や「アジア太平洋障害者の十年(2003〜2012年)」最終年記念「障害者フォーラム2012」(平成24年12月3日、内閣府主催)の概要などを掲載しています。

編集:内閣府
価格:2,730円(税別)


書籍表紙画像

袈裟とデザイン ─栄久庵憲司の宇宙曼荼羅─

2011年3月
世界に飛翔するGKデザイングループの総帥、栄久庵憲司氏の言葉である。
キッコーマンの卓上醤油瓶から成田エクスプレスまで、多くのデザインを手掛けてきた、“袈裟を着たデザイナー”は、優れたエッセイストでもある。“GK”を率いて60年。その間に記された多くの随筆からテーマ別に厳選し、1冊にまとめた注目のエッセイ集!

発行:芸術新聞社
価格:2,000円(税別)


書籍表紙画像

福祉住環境コーディネーター検定試験3級公式テキスト

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザー。
2014年1月
医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示する。また福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスする。
第1章 暮らしやすい生活環境をめざして
第2章 健康と自立をめざして
第3章 バリアフリーとユニバーサルデザイン
第4章 安全・安心・快適な住まい
第5章 安心できる住生活とまちづくり
事例集 地域で取り組む福祉のまちづくり実践事例

発行:東京商工会議所
価格:2,500円(税別)


書籍表紙画像

共用品という思想 ─デザインの標準化をめざして─

工夫があるところに市場が生まれ、工夫のあるところによりよい共生の社会が生まれる。
2011年1月
共用品を知っていますか?
シャンプー容器側面のギザギザ、牛乳パックのてっぺんのへこみ、プリペイドカードの切り決き……。それらが、共用品といわれるもの。より多くの人にとって、より使いやすくなるために。より多くの人が、より暮らしやすい社会になるために。
進化し続ける日本発のバリアフリーのアイディアの数々と、それを支える日本の企業の企画開発力。
ものづくりニッポンは、世界の最先端を行きます。

特設紹介ページはこちら

著者:後藤芳一・星川安之
発行:岩波書店
価格:2,300円(税別)


書籍表紙画像

誰でも手話リンガル

手話ってオモシロイ!手話は「学ぶ」よりも「楽しむ」もの。“雑食系”手話の本!
2010年12月
基本的な手話の紹介、とっさの一手話、ホメ手話、酒のおとも手話までエッセイと共に紹介している。

著者:松森果林
発行:明治書院
価格:1,200円(税別)


書籍表紙画像

障害者が輝く組織

いい会社って何だろう?“人材力経営”の真髄、ここにあり!
2010年11月
共用品推進機構機関誌「インクル」の編集長を務める高嶋健夫が執筆。多様な個性の尊重こそ活力の源泉とし、INAX、OKIワークウェル、日立製作所、マイクロソフト、の事例を紹介。日経ビジネスオンライン好評連載「障害者が輝く組織が強い」待望の単行本化。

著者:高嶋健夫
発行:日本経済新聞社
価格:1,600円(税別)


書籍表紙画像

JISハンドブック38 [アクセシブルデザイン]

JISを分野別・産業別に使いやすく編集・収録した工業技術の原典。2013年度版。
収録規格数:95
目次項目:高齢者・障害者配慮設計指針-アクセシブルデザイン(基本規格/視覚的配慮/聴覚的配慮/触覚的配慮/包装・容器/消費生活製品/施設・設備/情報通信/コミュニケーション/その他)、福祉用具(用語/義足/義手/装具/車いす・つえ/移動機器/ベッド・関連用具/排泄用具/浴槽用具/聴覚障害機器/リスクマネジメント)
収録内容:福祉用具―歩行補助具―歩行車(T 9265)、福祉用具―補高便座(T 9268)などの新規制定規格を収録。高齢者・障害者配慮設計指針―消費生活用製品の報知音―妨害音及び聴覚の加齢変化を考慮した音圧レベル(S 0014)などの改正規格を更新

編集:一般財団法人 日本規格協会
発行:一般財団法人 日本規格協会
価格:8,400円(税別)


書籍表紙画像

情報デザインの教室

「情報デザイン」の基本知識とプロセスや手法について身につけることができるテキスト
2010年9月
ユーザの目的や要望からデザインの方向性を明らかにし、視覚化してゆくこと、これさまざまなアプローチで検証し、さらにコンセプトやプロトタイプのブラッシュアップを図るという一連の流れを理解することで、情報デザインの手法とプロセスを体系的に学ぶことができる。

編集:情報デザインフォーラム
発行:丸善(株)出版事業部
価格:2,800円(税別)


書籍表紙画像

みんなで跳んだ

運動会の大縄跳びでうまれた、2年1組の奇跡!
2010年9月
運動会のクラス対抗大縄跳びで、ひとりだけ跳べない子がいます。勝つために彼を外すか、一緒に跳ぶか──。
運動会競技種目「大縄跳び」、生徒の自主性を尊重した「野外教室」、そして自分以外の誰かのことを真剣に考えるきっかけとなった授業「薬害エイズ問題」等を通じて、バラバラだったクラスがひとつになっていく姿を描いています。

文:滝田よしひろ
絵:宮尾和孝
発行:角川つばさ文庫
価格:620円(税別)


書籍表紙画像

バリアフリーと広告 [Kyoyo-Hin]、そしてユニバーサルデザイン

「企業活動の鏡」とも言われる広告活動を1つの切り口として、共用品ビジネスの最前線を探ったユニークなビジネス書です。E&Cプロジェクトから続く共用品推進機構の活動実績を詳しく解説すると共に、「バリアフリー」や「共用品・共用サービス」、「ユニバーサルデザイン」の考え方を、消費者との新しいコミュニケーション・ツールとしてビジネス活動にどのように展開していくか。その着眼点や手法、企業戦略上の意義などを多角的に分析しています。

編著:共用品推進機構
発行:電通
価格:2,600円(税別)


書籍表紙画像

弱視の人に出会う本

2001年3月
今まであまり注目されてこなかった「弱視」について、大人だけでなく未来を担う子供たちにも知ってもらいたいと企画した『見えにくいってどんなこと?弱視の人に出会う本』((財)共用品推進機構編、本体1,200円)が小学館から刊行された。本書の基となったのは、2000年2月に共用品推進機構が発行した『弱視者不便さ調査報告書』。小学館のバリアフリーブックシリーズとしては、耳の不自由な人の生活を知る本『“音”を見たことありますか?』、体の不自由な人の生活を知る本『ドラえもんの車いすの本』に続くものだ。本書は2部構成で、第1部はまんが「弱視のおばあちゃんまちを行く」。第2部は「見えないってどんなこと?」と題して、杉山さんやおなじみの芳賀優子さんらが弱視の人の不便さの実際や日常生活に役立つ便利グッズなどについて詳しく紹介している。

編集:共用品推進機構
発行:小学館
価格:1,200円(税別)


書籍表紙画像

バリアフリー いっしょに生きていくために

2000年4月
主人公は3人の子供達と先生。この3人がいろいろな課題を持って社会の壁=バリアを取り除こうと取組み、その課題に先生がアドバイスしたり、共感したりする。「これならぼく(わたし)にでもできそうだ!」と即実践できそうな内容です。
1巻 バリアフリーを考えよう
2巻 住みやすい家ってなんだろう
3巻 くらしやすい町ってなんだろう
4巻 たのしい学校ってなんだろう
5巻 ともにゆたかに生きるために

監修:共用品推進機構
発行:ポプラ社(TEL:03-3357-2216=編集)
価格:12,500円(各巻2,500円)(税別)


書籍表紙画像

朝子さんの点字ノート

1995年4月
朝子さんシリーズ第2弾です。メンバーの1人、河辺豊子 さんが朝子さんの心の中を書きました。

編著:日本児童教育振興財団
発行:小学館
価格:771円(税別)


書籍表紙画像

耳の不自由な人の生活を知る本 “音”を見たことありますか?

1996年11月
この本は、見えない音や声を見えるようにすることの大切さと、コミュニケーションを支える心の大切さを「ゆいちゃん」と「トオルくん」をとおして紹介する耳のバリアフリーブックです。

発行:小学館
価格:1,260円(税別)



入手困難な市販書籍の一覧


本文ここまで
関連項目ここから 関連項目ここまで
障害のある人、高齢者、子どもなど、より多くの人が住みやすい社会を創ります。
文字の大きさを変更できます